Ernemann Ernostar 5cm f1.9

Ernemann Ernostar 5cm f1.9

Ernostarの5cmクラスは35mmフィルム用のレンズですが、数年にわたり様々な仕様で製造されています。当ブログではこれまでに1924年頃製造された5cm f2を紹介しましたが、今回は比較的新しい5cm f1.9をご紹介します。

Ernostarを製造していたErnemann社は1926年にZeiss Ikonに併合されましたが、Sonnarが登場する1930年代頃まで製造されていたようです。
本レンズは併合後の1930年頃に製造されたレンズで、 銘板には"Carl Zeiss Jena Ernemann-Ernostar"という刻印が施されています。


Ernemann Ernostar 5cm f1.9

Zeiss Ikonが製造していたKinamo N25という35mmシネカメラに搭載されていたレンズで、ヘリコイドも搭載されています。絞り羽は12枚で、レンズ先端のローレット部を回転させる事で調整します。


Ernemann Ernostar 5cm f1.9

5cm f2とは前後玉の大きさや構成が異なり、描写の差が気になるところです。


X-E1の作例はコチラ

0 件のコメント:

コメントを投稿